3月29日(日) 市民ハイク・竹田城址と立雲峡

参加人数、空前絶後の市民ハイクだったのでは・・・?桜咲く竹田城址と立雲峡の景色を期待しながら満杯のバスは朝来市へ。このところの冬に逆戻りした寒さでは竹田城址も立雲峡も桜は無理でしたが、竹田城址の石垣を連ねる壮大な規模の山城の景観をたのしみました。又、標高756メートルの朝来(あさご)山の中腹にある立雲峡は、点在する無数の奇岩・巨岩と、西向かいには今下山した、竹田城址と円山川、竹田の街並みをたのしみました。参加者の皆さんからは、次回はぜひ桜の咲くころにこのコースを計画してほしいとの声も沢山ありました。

参加者:会員31名 ビジター14名 合計45名

竹田小学校の前でまずはストレッチ体操 小学校横をスタート・竹田城へ向かいます。
きれいに整備された杉の木立の中を進む長い列 途中何度か急登がありました
竹田城天主台からは360度の景観 昼食後のコーヒータイム
石積みの前で 天主台から見た城跡の石積み
竹田城址を後に 立雲峡から見る竹田城址
右の尾根を登り正面に下りました
「老桜の群生地」と書かれた看板の前で
姥桜?集合
竜神の滝の前・
寄せて、あげて、集めてこんなもの
やっと幅20センチほどの滝です
立雲峡は桜祭りの準備も整い、
桜が咲くのを待ってます。
バスは補助席も満員
みんな楽しそう!


3月15日(日) 春を楽しむ・洞川梅林ハイク

二日続きの雨で布引の滝は轟音をとどろかせ、トゥエンティクロスは増水していましたが、洞川梅林の梅は静かに春を告げていました。

 
コース:新神戸→布引の滝→市ケ原→分水嶺分岐→洞川梅林→修法ケ原→大師道→諏訪山公園
 
参加者:会員10名 ビジター3名 計 13名

圧巻の布引の滝 路傍の梅
補修道を歩く 増水のトウエンテイクロス
外人さんも参加  洞川梅林






3月8日(日) スリル溢れる痩せ尾根を巡る・旗振山〜おらが山〜須磨アルプス
  

Sさん初リ−ダ−の例会に沢山参加されました。 天気も良く ゆっくりハイクには丁度良いコ−スでした


コース:JR塩屋駅→旗振り山→おらが山→須磨アルプス→山陽板宿駅
参加 会員16名  ビジタ− 2名

明石海峡が はっきり見えます 梅を見て さあ出発
コ−ヒ−タイム お湯ある人 出して あぁ− 怖かった〜
そびえる須磨アルプス ぼくは もう疲れたよ〜
気分は 北アルプス 須磨アルプスは楽しい〜
一列に並んで 例会のあと満足の絵顔


3月7日(土) セツブンソウ、アズマイチゲ、千年モミとの出会いを楽しもう!
         丹波・馬頭山〜金山
 

菜種梅雨が一休み!丹波篠山のちょっとマイナーな山に出かけました。車を置いた追手神社の境内には立派な千年モミ、そばの民家の裏にはセツブンソウ、アズマイチゲ、ユキワリイチゲ、キクザキイチゲなど、山野草の可憐な姿を見ることができました。ついでに春の使者・フキノトウもちょっと頂いて・・・・。馬頭山〜金山はマイナーな山だけあって標識・目印・踏み跡がほとんどなく、常に地図を開いて現在位置の確認、とルートハンティングをしながら・・・いいお勉強になりました。

コース:追手神社→馬頭山→金山→追手神社⇒今田ぬくもりの湯
参加者:9名(マイカー利用)


静かな山に突然賑やかな一行あらわれる 登山道は荒れて・・・
倒木をまたいだりくぐったり、まるで障害物競争
松葉の落ち葉がふかふか・
とっても足にやさししい道
休憩中も現在位置を確認・真面目なCL
しんどいけど、なぜか楽しい急登 やっと着いた、静かな馬頭山
鬼のかけ橋・よ〜い、しょっと! 私が二番乗り
下をのぞくと足がすくみます
みんなで登りましょう! 今日のお山はいろいろ勉強になりました
鐘楼で鐘をつき神妙に手を合わせて・・・・ キクザキイチゲ
セツブンソウ ユキワリイチゲ
セリバオウレン 追手神社の千年モミ
モミとしては日本一(胸高幹回り7.8メートルの巨木
赤い服を着た人と比べてください

3月4日(水) 中山連山・梅見ハイク

前日は冷たい雨が降り、今日のハイキングは到底無理、と思っていましたが降水確率も低くなり決行。昨日の雨のせいで足元は少しぬかるんでいたところもありましたが、全員無事
クリア。中山寺の梅林では、甘い香りを漂わせた、ほぼ満開の梅を楽しみました。

コース:阪急山本駅→中山山頂→中山寺奥の院→中山寺梅林→阪急中山駅

参加者:会員7名 ビジター1名


岩場の急登 まだまだ続く岩場の急登
三点確保で・・・ 中山寺奥の院
中山寺への下り 白梅が満開
紅梅・白梅 梅と私どっちがきれい?
ピンクと白のミックスの八重の梅 一目何本でしょう?
inserted by FC2 system