6月28日(日) 大峰 南朝ロマンの小径・観音峯(1347b) みたらい渓谷 

観音峯の登山口は、洞川の入り口ともいえる「虻トンネル」を出たすぐ右。コースの要所に設置された「天川南朝物語」の銘板を読みながら歩きました。観音峯山頂は標高1347メートルと、あまり高くありませんが、観音峯展望台からの景色は、ほぼ360度の大パノラマです。

コース:観音峯登山口→観音峯展望台(昼食)→観音峯山頂→観音峯展望台→観音峯登山口→みたらい渓谷→洞川温泉
参加者:会員27名                                      

つり橋を渡って出発! 杉林の中は蒸し暑いです
ジキタリス、ウツギと遊ぶ 一瞬深い霧に包まれ幻想的な景色に・・・
観音峯展望台にて 観音峯(1347b)山頂にて
あれが八経ヶ岳(観音峯展望台にて) あれが八経ヶ岳(観音峯展望台より)
ブナの新緑と苔蒸した岩のコラボレーション いたるところにフタリシズカが咲いていました
山頂はジキタリスの花が群生 私ってキレイ?みんなに見つめられ思わず緊張!
みたらい遊歩道への散策に出発 樹林帯の向こうに見えるみたらい川の渓谷美・・

6月28日(日) 新緑の自然ハイキング   千刈ダムから光明寺と鏑射山(327m)

軽いハイキングと考えていましたが、途中、ロ−プの急坂があり「足がガクガク」という声も聞こえました。 梅雨の合間ですが、天気が良すぎて暑かった。

コース:JR 道場駅→千刈ダム→光明寺→展望台→鏑射寺→鏑射山→道場駅
参加者:会員6名、ビジタ−3名

野いちごを食べてる人もいました 千苅ダム
暑いので泳ぎたい気持ち かわいい実がたくさん
三田の街並み 綺麗な景色に見入る
遠くに有馬富士が見えます 綺麗な鏑射寺三重の塔の前で


6月20日(日) 多岐アルプス・小金ヶ岳(725b)〜三岳(793b)

梅雨の真っただ中とは思えぬさわやかな日、満杯のマイクロバスは多岐アルプスへむかいました。今回は大タワの駐車場を中心に小金ヶ岳と三岳を振り分けてのハイキングです。小金ヶ岳はアルプスという名前が付くところから想像できる通り岩場が連続するコースです。小金ヶ岳をピストンし大タワへ戻ります。大タワから40分ほど登ったところが一等三角点の三岳です。この山は天まで続くのでは・・・?と思うほどの階段が連続する山です。いったい何段あったのでしょう?
下山後は篠山のぬくもりの湯で汗を流し、冷た〜い○○○でのどを潤し、再びバスに乗りこんだ頃から小雨が降り出しました。

コース:大タワ(駐車場)→小金ヶ岳→大タワ(昼食)→三岳→太タワ→ぬくもりの湯
参加者:会員21名 ビジター4名

大タワ駐車場ので出発準備 まずは杉林の中を小金ヶ岳へ向かいます
岩稜帯のアップダウンが続きます。
夏山への期待を胸に・・・・
若い新人さんも三点確保の実践です
彼女のおかげで我が会の
平均年齢が大幅にダウンしました
ビジターさんの足取りも軽快です 小金ヶ岳山頂で!
木々の間を吹き抜ける風にホッとする一時です 大タワで三岳へ向かう前に
地図でこれから進む方向の確認
皆さん熱心です
三岳への登山口 この階段どこまで続の〜?
無意識に階段をよけて横の斜面を歩くのですね
三岳の頂上で! 三岳のピストンも終わり無事登山口に
戻ってきました
お疲れ様でした!

6月17日(水) アジサイと森守ボランティア

M親分率いるわが会の土方部(?)は今日もトゥエンティークロスのハイキング道の整備に汗を流してきました。森守ボランティアです。「軽く1時間程の作業です」という話だったのですが、やり始めるとなかなか簡単には参りません。丸太を移動させるのも一苦労です。作業の後、森林植物園にアジサイを見に行きましたが、見ごろには少し早かったようです。


参加者:8名
コース:新神戸駅→トゥエンティークロス(ハイキング道の整備)⇒森林植物園→トゥエンティークロス→新神戸駅

大きな段差のあるところには
大きな石を置いて歩きやすく・・・
崩れかけた道には丸太を重ねて置きます。
クイを打ち込み隙間に石を埋めて土を入れて・・・
体重をかけて踏み固めて完了です
どうです?玄人はだしの出来栄え!
森林植物園
クロヒメアジサイ
幻の花「シチダンカ」 そろそろブルーに染まろうとしているアジサイ
ブルーのアジサイ 正面入り口に向かう道
本来なら両側にびっしりアジサイが咲いて
いるのですがちょっと時期が早かった
トゥエンティークロスで出会った若者が持っていた
究極のエコ楽器・ペットボトルで作ったウクレレです。
一曲披露していただきました。
とってもきれいな音でした。
ウクレレの裏には「捨て茶いけないんだ門」
と書かれていました。
浜辺に打ち上げられたペットボトルの多さに
“なんとかしなければ・・・”
と思い立って作ったのがこのウクレレだそうです。


6月14日(日) 夏山登山教室  明神山

夏山登山教室のトレーニングとして明神山に行ってきました。明神山には、ABCDEと今回歩いた大明神コースがあります。大明神コースは一番長くてトレーニングにはピッタリのコースです。小さなアップダウンが幾度も出てくるし、頂上からのCコースの下りは「初心者には不向き」と書かれているほど岩の急降下が待っていました。全員慎重に通過し、怪我なく下山できてよかったです。

参加者:22名
コース: 夢前夢のさと農業公園〜大明神コース〜明神山頂〜Cコース〜農業公園

ボッカトレだけど何キロあるかな? 鳥居をくぐってスタートです。
いきなりの急登 目指す明神山、右は小明神
またまた急登の難所です。 稜線にはまだつつじが・・・。
頂上で余裕の笑顔 神妙に下山開始
おっと、緊張するわ〜。 まるでクジラの背を歩いているようなクジラ岩
農業公園が見えた!バスが待っている! もうこんなに下りてきた。
inserted by FC2 system