9月27日(日) 北摂・大岩ケ岳 地図とコンパスに慣れよう!

北摂の山(大岩ケ岳)は標識が少なくその分、地図とコンパスが頼りで、いたる所で地図とコンパスを広げる光景を展開。また秋の味覚も味わいました。

コース:道場駅→千刈・東山橋→大岩ケ岳→丸山湿原→ 川下川貯水池→武庫川→武田尾
参加者:14名                                      

千刈ダム 地図でコースを確認
大岩ケ岳頂上(地図を広げてコースを確認) 丸山湿原
秋の味覚の収穫、アケビに手が伸びる ここでもTさんが柿の収穫に大活躍

9月26日(土)〜28日(月) アラシィ登山 立山三山 秋一番の初紅葉と北アルプス大パノラマ

26日〜28日立山三山(浄土山、雄山、別山)に行ってきました。27日はいい天気、雄大な景色と一足早い紅葉を満喫しました。楽しいメンバーに良いお天気、グッドタイミングな紅葉と三拍子そろって、いろ〜んな意味で(!)ディープに楽しませていただきました。

コース:(第1日)大阪駅7:10→(サンダーバード1号)、富山10:25、10;40→立山11:36、12;20→美女平12:27、12:40→→室堂13:30、14;00⇒浄土山15:30⇒一ノ越山荘16;00(泊)<歩行時間2時間>
(第2日)一ノ越山荘4:30⇒雄山5:30⇒大汝山9:00⇒別山11:00⇒剱御前小屋12:00⇒雷鳥平13:30⇒室堂14:30・ミクリガ池温泉(泊)<歩行時間10時間>
(第3日アルペンルート観光)室堂7:45 → 大観峰 → 黒部平 → 黒部ダム13:05 → 扇沢13:21,13:30 → 信濃大町14:05,15:04 →(あずさ26号)、松本15:43、15:52 → (しなの18号)、名古屋17:59,18:11 → (ひかり479号)、新大阪19:03
参加者:12名                                      

室堂で玉殿の水を汲み、出発準備 準備も整いいざ出発!
石畳の道を進みます 本日のメインは浄土山、やっと登山口
浄土山山頂 26日の小屋、一の越山荘で、カンパ〜イ!
4時30分雄山に向けて出発 少し明るくなってきました
雄山山頂社務所に到着 山頂の雄山神社
雄山神社で神妙にお参り 別山に向かう尾根
別山山頂 剣岳をバックに 雷鳥沢への下りの稜線
ナナカマドの紅葉が鮮やか ナナカマドの紅葉が鮮やか
木道そばの紅葉もきれい ハイ松とナナカマドとチンクルマ
浄土川を渡り、雷鳥沢へ向かう 雷鳥沢の紅葉
地獄谷の湯けむりが近づいてきました 地獄谷の中をミクリガ池温泉に向かう
地獄谷からミクリガ池温泉までの長〜い階段 27日の宿ミクリガ池温泉到着

9月22日(火) 金剛山(1125m) ダイトレを歩こう!

山頂までの道がすごく急な登りで、体力の半分以上をを使ったかも知れない...。
今回は予定の紀見峠までは時間の関係で歩けませんでしたので、次回再チャレンジということにしたい。

コース:南海河内長野駅⇒−登山口−金剛山頂上−千早峠−河内長野駅⇒南海難波駅
参加者:9名                                      

息も乱れる急登 金剛山に咲いてた花
金剛山に咲いてた花 やっと山頂に到着
紀見峠まで歩けませんでした 会への思いを熱く語る

9月20日(日) 360度見渡せる秀麗峰 東播磨・千ヶ峰(1005m)

今日はいい天気。360度の眺望、天空の回廊・多可郡多可町の千ヶ峰に行って来ました。
岩座神の棚田を通って三谷登山口に到着。登山口から山上まで100分程度の急登。山頂から市原峠まではなだらかな下り道。
下山後、天然温泉春蘭荘で疲れを癒し、427号沿いの自家製のアイスクリームも楽しみました。

コース:三谷登山口→岩座神道出会→千ヶ峰→市原峠→坂駐車場
参加者:5名                                      

三谷登山口にて 三谷コースを登る
岩座神道出会にて小休止 千ヶ峰山頂
南に飯森山、笠形山 多可町を通る国道427号
北に続く山々 山頂の案内板の前で
市原峠へ下る 北側から見た千ヶ峰、カリアゲ君みたい

9月20日〜22日 穂高屏風岩東壁・雲稜ルート登攀(自主山行)

この夏は屏風岩を目指した・・・。7月にも計画したが、天候悪く断念する羽目になり、今回も間近に台風の発生でやきもきしたが幸いにして恵まれた最高の天気になりました。未知な屏風岩を目指してトレーニングを重ねた。基本は体力、その上に知識と技術だが、パートナー共々の「意思と意志」が厳しい登攀には大事なことだろうと思う。

ルート:9月21日 雲稜ルート(18:00)完登
登攀:2名                                      

横尾岩小屋跡 横尾川渡渉
T4尾根 雲稜ルート(1P目凹角)
ピナクルテラスからピナクルに右上 屏風テラスから人工登攀
もろいバンドに右上 屏風の頭

9月19日(土)〜21日(月) 南ア・聖岳〜光岳縦走(自主山行)

人で聖岳から光岳を縦走してきました。全日快晴に恵まれ、富士を見ながらの雄大な南ア南部はしんどかったけど楽しい3日間でした。

(行程)1日目:前夜マイカーで神戸出発、飯田ICから易老渡の駐車場着、約1時間の仮眠。易老渡スタート6:00→便ヶ島→西沢渡→薊畑→12:20聖平小屋(泊)
2日目:聖平小屋4:50→薊畑→7:10前聖岳→奥聖岳→前聖岳8:05→薊畑→9:45聖平小屋10:35→上河内岳13:05→14:30茶臼小屋(泊)
3日目:茶臼小屋3:45→茶臼岳4:20→易老岳6:35→8:45光岳→光石9:05→光岳9:15→9:25光小屋9:50→11:40易老岳12:00→面平→14:45易老渡駐車場ゴール
参加者:4名                                      

山行ルート概念図 便ヶ島から西沢渡へとスタート
西沢渡のかご渡し <利用は増水時だけョ!> 薊畑にて <急登を終え余裕のポーズ>
聖平 <小屋への木道> 聖岳への登り
前聖岳(3,013m)頂上 奥聖岳頂上からの富士
聖岳からの下降 上河内岳肩への登り
上河内岳頂上にて 秋色の茶臼への道
茶臼小屋への道 光岳頂上
今回縦走の南端 「光石」 余裕顔でゴール <きつい下降で脚ガタガタ>

9月19日(土) 残暑厳しいけどゆっくり歩こう!摩耶山

残暑厳しいとはいえ、秋晴れの明るい日差しと涼しい風の中、アドベンチャーコースと行者尾根の二つの魅力いっぱいのコースを堪能してきました。

コース:JR新神戸駅〜市が原〜アドベンチャ―コース〜摩耶山〜行者尾根〜青谷道
参加者:会員11名 ビジター3名                            

まずは布引女滝を眺め 続いて男滝 水量も申し分なし
ビジターさんに本日のコースの説明 理想的なお弁当広場です
お行儀よく並んで集合写真 ここが三角点。ほんとうの摩耶山頂です
行者尾根を下る 眼下には神戸港 厳しい下りもあと少し 足もとに気をつけて

9月13日(日) 田舎道をのんびり歩こう! しあわせの村〜藍那〜箕谷

都会の喧騒を離れ一歩郊外に足を運ぶと、すっかり秋景色。一足早く秋を体感しました。

コース:しあわせの村→白川・大カヤの木→徳川道→藍那→丹生神社→六條八幡宮→箕谷
参加者:13名                                      

北区・しあわせの村を出発 畦道に並んだ案山子連
白川・大かやの木 色づき始めた柿の実
柿ノ木下を歩く 彼岸花も咲いていました

9月6日(日) 9月度クリーンハイク

森林植物園横での昼食時に熱中症についてのワンポイント、摩耶山頂でハイキング部会。途中、自然保護部の指導で、大雨でえぐられたハイキング道の修復作業や、ハイキング道の倒木の伐採も行いました。また下山後は会事務所で夏山報告会と大忙しの一日でした。

コース:新神戸→市が原→トウェンティクロス→植物園下(昼食)→桜谷道→摩耶山(ゴミ検量)→下山開始→上野道(解散)
参加者:会員44名、ビジター3名 計47名                                        

熱中症についてのワンポイント ハイキング道の修復作業
ハイキング道 倒木の伐採 摩耶山頂でハイキング部会

9月5日(土) 但馬の展望台 東床ノ尾山(839m)〜西床ノ尾山(843m)

兵庫50山の一つ、東床ノ尾山は360度の眺望で有名。しかし今回は頂上はガスがかかり眺望はゼロ。足早に西床ノ尾山の向かいましたが、途中ヤマボウシの実がたわわに実り、何よりのご馳走に一同は歓声を上げました。

コース:三宮⇒糸井の大カツラ〜縦走路分岐〜東床ノ尾山〜西床ノ尾山〜大カツラ入口
参加者:5名                                      

天然記念物・糸井の大カズラの前で 登山口
鉱山精錬所(金)跡地に立てられた看板 東床ノ尾山頂上
たわわに実ったヤマボウシ 最後は水浴びで閉めました
inserted by FC2 system