2月27日(土)〜28日(日) 兎和野高原スノーシューハイク&瀞川山(とろかわやま)(1039m)

兵庫県連主催のスノーシューハイキングの体験と自然観察ということで、三宮からバス2台で兎和野高原に行ってきました。
27日午後から兎和野高原野外教育センター(兵庫県美方郡香美町村岡区、氷ノ山後山那岐山国定公園エリアにある青少年のための野外教育施設、キャンプ場)横の平原でスノーシューの説明と技術指導を受け、実際にスノーシューを装着して雪上を歩く。スノーシューで雪上を歩くのは想像以上に易しく、僅かな練習ですぐに歩けるようになりました。

コース:28日6:00起床、朝食、8:45登山口にてスノーシュー装着、9:00登山開始→10:00十石山(870m)→10:50林道合流→11:25瀞川山山頂(1039m)昼食→13:05展望台→14:10野外教育センター着、他の班を待ち15:40野外教育センターを出発、帰路に

参加者:神戸中央山の会、神戸カタツムリの会、西宮明昭山の会、武庫労山、他総勢63名、県連スタッフ6名
兎和野高原教育センターから スノーシューを装着
スノーシューで歩く練習です 歩く姿も様になって記念撮影です
朝食風景。昨晩は鴨鍋でした☆ 二日目の登山口でスノーシューを装着
「さあ!、行くぞ!」 やっと瀞川山の出合い(合流林道)
童心に還り、雪だるま作り 手作りの雪だるまの前で
瀞川山山頂にて 展望台でスノーシューを脱ぎ、帰還

2月21日(日) 城崎・来日岳(567m)or城崎温泉観光

暖冬ということで雪のない来日岳を覚悟していたのですが頂上付近にはそこそこ雪があり、ちょっとだけ雪山の雰囲気を味わうことができました。アイゼンもワカンも付けることなく歩ける程度の雪山でした。
今日の例会は観光+カニツアー組と来日岳に登る組と1台のマイクロバスに乗って城崎まで行き、現地でそれぞれ分かれての行動、帰りはまた同じバスの乗って帰ってきました。このような取り組みは初めてのことでしたが参加者からは好評でした。

コース:三宮集合(7:15)⇒来日岳登山口(10:00)→中間点(11:20)→来日岳(12:15)昼食〜紅葉平(13:40)→ロープウェイ山上駅(14:30)→大師山上駅(14:35)→城崎温泉駅着(14:45)

参加者:登山組17名、観光+カニツアー組7名 計24名                       
朝市でふるまわれたカニ汁を頂く 出発準備
Oさん指導による準備体操(キツィー) 途中、来日岳を見上げる
安全登山を祈願して石仏に手を合わせる 少しずつ雪が多くなってきたよ
踏跡のない雪道は気持ちいい〜! 皆、楽しんでます
頂上から見下ろす円山川 来日岳頂上(567m)で
頂上にはおしゃれなボスザルが・・ 雪を楽しみながら下ります
雪と戯れて(若い!) 林道を下る
 
雪も少なくなってきたね。みんな淋しそ〜  

2月20日(土) 中山(478.2m)〜中山寺 梅見ハイク                     


阪神間の人気コースなので沢山の人が訪れていました。天気も良く伊丹空港もよく見えました。

コース:阪急山本駅→大聖不動尊→中山最高峰→奥の院→夫婦岩→中山梅林→阪急中山駅

参加者:会員13名、ビジター10名
急登を3点支持で登る 急登も余裕です
岩場の後、ちょっと休憩 小学生もビジター参加
中山寺奥の院へようこそ あかちゃんを抱いたお地蔵様
中山寺奥の院からの下り 遠くにかわいい甲山が
中山梅林のウメはチラホラ咲きです 中山梅林で

2月14日(日) 船木山〜後山〜駒の尾山 雪山ハイク・樹氷の下を歩く

岡山との県境、後山1345mへ雪山ハイキングに行ってきました。キャンプ場駐車場では雪がありませんでしたが、登山道はそれなりの雪、表題とおり樹氷の下を歩きました。風もなく周りの山々もよく見えました。

コース:後山キャンプ場駐車場→船木山→後山→船木山→駒の尾山→南の尾根→林道→後山キャンプ場駐車場
参加者:8名                                                                      
後山キャンプ場駐車場到着
ハイキングコース案内板 最初の登りは雪はありません
船木山への登山道、雪が増えてきました 船木山1334mに到着
船木山〜後山の樹氷 船木山〜後山の樹氷
樹氷のトンネルを行く 樹氷のトンネル
船木山〜後山へ 後山山頂1345mにて
後山からの眺望 船木山〜駒ノ尾山の樹氷
樹氷のトンネル 駒ノ尾山への登り
駒ノ尾山頂1281m 駒ノ尾山頂から三室山を望む

2月14日(日) 六甲・大師道〜鍋蓋山〜再度山

馴染みのコースをのんびり歩いてきました。木々の芽の膨らみ、梅のちらほら咲きと、「もうすぐ春」を体感しました。

コース:JR元町駅→諏訪山公園→大師道→大竜寺→修法ケ原→洞川梅林→鍋蓋山→七三峠二本松林道→大師道→JR元町駅
参加者:8名                                                                      
Kさんの見送りを受けて出発 県の施設の庭には綺麗なチューリップが並ぶ
諏訪山公園でストレッチ 19歳のワンちゃん(人間では100歳以上)
ワンちゃんも途中まで同行 再度山大竜寺の看板
再度山の謂れをご存知ですか 洞川梅林のちらほら咲きの紅梅
洞川の案内板で鍋蓋山を目指す 集合写真

2月13日(土)〜14日(日) 南八ヶ岳・赤岳主稜(自主山行)

自主山行で赤岳主稜ルートを登ってきました。この時期ならではの感動あふれる山行でした。トレーニングの成果も十分確認できました。
天気も良く素晴らしい眺めで、最高の一日でした。移り変わる天気予報を元に当初予定を1日遅らせて出発、主稜登攀日が日曜日になり予想通りの混雑、人が多くて順番待ちで身体が冷えて震えました。
前日は曇りでガスって後日は朝から小雪で天気は下る一方・・・。凍ついた岩と雪、そして凍つきそうな冷たい風のなか、自然の厳しさを体感しながらアイゼンとアックスを効かせての登攀を楽しむことができました。

コース:美濃戸口〜赤岳鉱泉〜文三郎尾根分岐〜主稜登攀〜赤岳〜地蔵尾根
参加者:2名                                                                      
大同心と小同心が美しい 赤岳主稜取り付き
1ピッチ目 中岳と阿弥陀岳
上部核心部へ 左下凹角からリッジへ
赤岳頂上に立つ 赤岳天望荘と北峰を望む

2月11日(木・祝) 六甲半縦走(西コース) 六甲全山縦走トレーニングパート@

やっぱり(?)雨の(西)半縦走トレーニング、それでも学ぶことが多い一日でした。

コース:須磨浦公園→横尾山→須磨アルプス→高取山→菊水山→鍋蓋山→大師道→諏訪山公園→JR元町駅
参加者:9名                                                                      
鍋蓋山手前で
出発前、ビジターさんで撮影 鉢伏山からの須磨の海を望む
まだまだ登ります 妙法寺で休憩
菊水山下のウメ、満開でした 菊水山到着・・やっぱり雨
菊水山頂上にて 頂上でやっと一息

2月6日(土) 有馬四十八滝と白石谷 厳冬期の六甲山

神鉄有馬温泉駅から七曲滝、百間滝、似位滝、白石滝、白龍滝と滝巡り、一軒茶屋に出て阪急岡本まで歩きました。平地はいい天気でしたが、有馬温泉に着いたとたんに雪が降り出しました。今回は滝の凍結も楽しめました。新聞に凍結のニュースが載っていたそうで、七曲滝は多くの人でした。白石谷から吉高神社へのルートは雪が多く急登で、上級者向けということで危険箇所がありました。表六甲に出ると青空の下、大阪湾やダイヤモンドトレールの山々がくっきり見えました。保久良梅林のウメも咲き始めていました。

コース:神鉄有馬温泉駅→紅葉谷→滝めぐり(七曲滝・百間滝・似位滝・白石滝・白龍滝)→一軒茶屋→雨ヶ峠→阪急岡本駅
参加者:会員7名                                                                      
神鉄有馬温泉駅は雪景色
温泉街を歩く
もうすぐ七曲滝 少し凍結した七曲滝
七曲滝をバックに 百間滝への分岐
百間滝 似位滝
似位滝から白石滝へ下る 白石滝の手前で昼食
白石谷を登る 白石谷を登る
白龍滝で 吉高神社
魚屋道を登る 風吹岩から大阪湾を望む
ほころびはじめたウメ ウメの下でストレッチ
inserted by FC2 system