3月28日(日) 布引の滝〜洞川梅林〜市章山 梅見ハイク

今日は暖かいハイキング日和。新神戸駅から布引の滝、再度公園(修法ヶ原池)を巡り、洞川梅林でゆっくりお昼を食べ、帰りは再度山頂を通って大龍寺でぼけ封じを祈り、諏訪山公園に下ってきました。この後、3時から元町で反省会、5時前にはお開きとなりました。健康的な一日でした。
その昔、弘法大師が唐に渡る前に一度来て、帰国して再度来たので再度山(ふたたびやま)というそうです。

コース:新神戸駅→桜茶屋→再度公園→洞川梅林→大龍寺→市章山→諏訪山公園

参加者:会員14名、ビジター7名 計21名                               
布引の滝は水量豊富で元気いっぱい
桜咲く布引貯水池への階段 春の布引貯水池
蛇ヶ谷を進む 蛇ヶ谷の案内標識
再度公園(修法ヶ原池)のたたずまい フィールドアスレチックで遊ぶ
洞川梅林へ 洞川梅林でゆっくり昼食
洞川梅林で ウメはもう遅いようです
タムシバも咲いていました 洞川梅林をあとに
再度山への登り 再度山頂470m、かまぼこ板のような標識
大竜寺本堂と弘法大師の像 ぼけ封じ近畿十楽観音霊場の説明板
市章山から見た神戸市街 桜咲く諏訪山公園へ

3月27日(土) 森守ボランティア アジサイ苗床つくり

30周年記念アジサイロードの苗床及び整地作業です。今日の作業は、アジサイの植樹をするための苗床作りです。参加いただいた山の会の大先輩である大工さんのSさん、軽い身のこなしに83歳なんて誰が思うでしょう。

コース:新神戸→分水嶺分岐→新神戸

参加者:会員9名                                                                      
これが現場のもよう 笹藪に潜りこんで笹を切りだす
つるはしを打ちおろす! 私が現場カントクです
新人の私も大活躍! 匠の技
師弟で共同作業 丸太の皮を剥く
こんなにたくさん剥けた! 長い脚がじゃま?
黙々と作業に専念、力持ちのお二人 お昼です
お弁当おいちー! 二人で太い丸太を埋める
恐るべし女子力! 師匠に追いつけ・・・ない

3月22日(月・祝)雄岡山と雌岡山 早春の里山巡り

里山として知られた「雄岡山と雌岡山」に登ってきました。木々の芽はふくらみ、野道にはナズナ、タンポポ、スミレなど春を告げる花が咲いていました。またハイキング道の清掃も行い、全員でゴミを集めながら歩きました。昼食はレストハウスで摂る等、のんびりと早春の里山を楽しみました。

コース:神鉄緑ケ駅→雄岡山→雌岡山→レストハウス「まきば」→神鉄志染駅

参加者:会員12名                                                                      
おひとついかが。 雄岡山山頂 ハイキング道の清掃、全員でゴミ拾い
道中の早咲きのサクラ 足元はニホンタンポポの群生
ニホンタンポポの群生 雌岡山頂上
ターザン遊びの子供達 レストハウス「まきば」前にて

3月21日(日)加西市・善防山(230m)笠松山(244m) 10のピークを越える日だまりハイク

すぐ足もとに播磨平野が広がる標高の低い山ですが、何度も何度も小さなピークを登ったり下ったり・・・。播磨地方独特の山容を有する山です。ところどころにコバノミツバツツジも咲き始め気持ちの良い岩稜歩きが楽しめました。当会、発足当時に活躍されていた古い会員さんが久しぶりに参加してくださったことがうれしかったです。これを機にこれからもどんどん例会にお顔を見せてください。

コース:三宮⇒飾東町小原新(登山口)→第一のピーク→古法華寺→笠松山→吊り橋→善防山→加西農協駐車場⇒鍬渓温泉⇒三宮

参加者:会員21名 ビジター2名 合計23名                                                              
第一のピークに到着 少しばかり藪こぎの雰囲気
岩稜帯を登る 笠松山へ続く稜線
かわいいお地蔵さん(古法華寺) 古法華寺・七福神の前で
岩山の急登 咲き始めたミツバツツジ
笠松山への登り 笠松山展望台の上から
吊り橋へ向かう急降下 善防山山頂
山頂の説明文(ちょっとドジな城主だったみたい) 気持ちのいい岩稜帯を下る

3月20日(土) 六甲山系・高雄山 ハイキングリーダー講習・読図

高雄山で「地図・コンパス」と熱心に格闘してきました。とても有意義な一日、講師のおかげでとても賢くなりました。

コース:JR新神戸駅→市ヶ原→高雄山→市ヶ原→JR新神戸駅

参加者:会員7名                                                                      
ロープワーク、皆さん覚えがとても良かったです 地図とコンパスで現在地の確認
皆とっても熱心にお勉強 分岐では常に現在地と地形の確認
 
今日は一日、最後まで地図とにらめっこ  

3月14日(日) 武田尾〜大峰山〜中山寺 廃線跡から中山寺梅林コース

春めいた気温に誘われて武田尾から大峰山、中山連山に登り中山梅林に下りましたが、この日の中山の最高峰は一杯で梢をかきわけて坐るほど、混雑の中の昼食となりました。また中山梅林の梅は春の訪れを待ちわびて咲き誇っていました。

コース:JR武田尾〜桜の園〜大峰山〜中山山頂〜中山寺奥の院〜中山寺梅林〜阪急中山駅

参加者:会員17名                                                                      
いよいよトンネル、ヘッドランプ着装
ヘッドランプとトンネル 桜の園、東屋で一服
大峰山頂上 賑わう中山山頂
梢の中で昼食 奥の院から参詣道を下る
八重咲きの紅梅 中山梅林にて
 
ミツバツツジも咲いていました  

3月14日(日) 六甲全山縦走

天候も安定し、絶好の全山縦走の日を迎えました。須磨浦公園を6時ごろ出発し宝塚まで全行程50数キロを一日で歩くのですから大変な体力勝負です。速い人で10時間足らず、遅い人は14、5時間かけて歩きます。写真は六甲山頂のチェックポイントでスープのサポートを受ける参加者です。全縦に参加された方はもちろんのこと、早朝からの受付、事務所での連絡待ち、ゴールでの確認、山頂でのスープのサポート、皆さんお疲れ様でした。

コース:山陽須磨浦公園駅→塩尾寺下広場 53K
参加者:会員  名                                                                      
須磨浦公園本部受付前
ここが六甲山頂、県連のチェックポイント 13時過ぎ、いち早く到着したTさん
Oさんもビジターさんと元気いっぱいに到着 IさんYさんもビジターさんのサポートをしながら到着
「スープ、美味よ〜」と喜んでくださったビジターさん 後2〜3時間で宝塚、にこやかに山頂を出発 Hさん

3月13日(日) 雪山ハイキング講座:修了山行 鳥取、岡山県境の山・那岐山(1240m)

3日前の大雪で再び雪山になった那岐山に登ってきました。その後の高温でかなり雪が融けシャーベット状でしたが、山頂一帯はまだ膝くらいまで雪があり、雪上ハイキングを楽しんできました。

コース:蛇淵の滝登山口〜大神岩〜那岐山頂上〜蛇淵の滝登山口
参加者:会員6名                                                                      
蛇淵の滝登山口で準備風景
Cコース・Bコースの分岐点、距離表示は間違い 大神岩にて、ガスで展望はきかない
ガスも晴れて山頂が目の前に 振り返るとトイレのある休憩舎
滝山・爪が城への縦走路 那岐山頂上
 
冬枯れの木はドウダンツツジ、咲く頃に来て見たい 橋を渡れば登山口は近い 

3月7日(日) クリーンハイク 冷たい雨の中、山を愛する心暖かい人達に感謝

このところ雨天の日が続き、今日の天気予報も雨、それでもJR新神戸駅に集まった参加者の皆さんの笑顔を見たらすぐに元気が出てきました。JR新神戸駅北側の公園でストレッチ、CLの挨拶の後、出発、本日のスープは雨天のため中止に。先に森守ボランティアの6名はハイキング道の路肩補修に補修場所に向かいました。

コース:JR新神戸駅→布引貯水池→分水嶺二十渉(トエンティクロス)→森林植物園→雨のため新神戸駅へ
参加者:会員25名、ビジター2名                                                            
  
朝の挨拶の後、出発です
連日の雨で滝も元気一杯! 貯水池脇の小途で見つけた花
もみじ茶屋の近くで、桜? 森守ポランティアの掛けた橋を渡る
リーダーが橋を補強 恐々、渡渉しますがみんな無事です
二十渉上流の空き地で植樹 会員さんによる「エゴノキ」植樹
今日。路肩を整備した小途 昼食後森林植物園横でハイキング部会
inserted by FC2 system