日本勤労者山岳連盟 労山新特別基金(旧遭難対策基金)

詳しくは、日本勤労者山岳連盟 新特別基金を参照願います。

 

日本勤労者山岳連盟(労山)の加盟クラブである「神戸中央山の会」に入会することで、『労山 新特別基金』に加入することができます。労山 新特別基金は、労山会員の互助制度です。万一事故を起こした場合、救助・捜索や入通院に要した費用が、加入口数に応じて交付されます。加入すべき口数は、山行形態や他の山岳保険の加入の有無などから決めることになりますが、日本勤労者山岳連盟ではハイキング・軽登山は3口、雪・岩・沢は5口以上、冬期登攀・海外登山は10口

を呼びかけています(1口=1,000円)。

神戸中央山の会では、全国連盟の呼びかけを参考にして次の基準を決めています。基準の加入口数がなければ参加できない例会もありますので、あらかじめ必要な口数の加入をお勧めします。

 

 

※制度の詳細は、日本勤労者山岳連盟新特別基金

 

KOBE CHUO ALPINE CLUB since 1980

We renewed our website on June 18, 2017.

inserted by FC2 system